7つの習慣,ブログ

『7つの習慣』は自己啓発本として有名ですが、コーチングとの関連性もとても高いです。

今回は『7つの習慣』のパラダイムと原則とコーチングの関連性についてお話しさせていただきます。

パラダイムとはものの見方、価値観を意味します。

人は必ず自分のパラダイムを持っていて、自分の経験や価値観というレンズを通して物事を見ています。

「自分のあるがままに世界を見ている」というコヴィー氏の言葉がありますが、視点を変えると気づくことがあり、急にガラリと世界が変わって見えることありませんか?

学生時代、いつもしかめっ面をしているクラスメイトがいました。目を細めていて、いつも睨まれている気がしていて、苦手で避けていました。ある日、隣の席になり、嫌だなと思いながら過ごしていると、ボソッと「見えないや」という言葉が聞こえたのです。「え?眼が悪いの?」と聞くと「コンタクトが合わなくて、メガネはダサくて嫌だから」と教えてもらいました。元々、人見知りということと、視力が悪いということが重なり、いつも不機嫌な顔に見えていたけど、ただ眼が悪かっただけだったのです。このことをきっかけに話すようになり、お互い趣味が似ていたこともあり、一緒に遊ぶようになりました。

人はこのように何かをきっかけにパラダイム転換するのです。

私は、子育てコーチングと7つの習慣はとても関連性が高いと感じています。

このパラダイム転換についても、子ども(クライアント)のパラダイムを変えるきっかけを与えるのは親(コーチ)だったりするのです。

私は3人の男の子を育てています。全員2歳差なので、喧嘩もしょっちゅうです。

次男が1~2歳の頃よく長男のことを噛んでいました。ある日、三男が怒って次男を噛んだのです。次男は「噛まれた~!痛い~!」と泣きながら私のところへ来ました。三男に注意した後、次男に私はこう言いました。「噛まれたら痛いよね?次男は長男のことを噛んでたことあるでしょ?長男はどんな気持ちだったと思う?」当時3歳になったばかりの次男にどこまで伝わったかわかりませんが、ハッとした表情で長男を見ていたのが印象に残っています。

このように人は色々なところから影響を受けて常に見える世界を変化させています。

私は子どもたちの名コーチとして、子どもたちに質問して色々なパラダイム(ものの見方)ができるように声かけしています。

子育てコーチングと7つの習慣で、子どもに気付きを与えてきましょう!

ブログ,講座情報

3月の子育てコーチング講座情報

日時:3月4日 10時半~11時半
場所:上高野児童館

内容:自分を知る

子育てコーチングスキルを実践するためには、こころの余裕が必要です。

自分の価値観を知ることで、自分を見つめることで、何に反応しているのかを知ることができます。

まずは自分を知ることから始めましょう。

申込はこちらから↓

ブログ

ご訪問いただきありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

初めまして、子育てコーチングサロン~ありのまま~の機法院です。

私は5歳、3歳、1歳の男の子3人のママです。

普段は主人の保育園運営をお手伝いしています。

そして、子育てコーチングを広めるために、

講座をしたりTwitternoteで情報発信しています。

今は子育てにコーチングを取り入れて、楽しく子育て出来ていますが、

1人目の子育て中は、『○○すべき』に囚われて、自分で自分の首を絞めていました。

とても辛かったです。

そして、3人目出産後に、コーチングを本格的に学び、子育ての楽しさを知りました。

子育てが辛いか、楽しいかは自分次第だと気付いたのです。

自分の接し方を変えるだけで、子どもの反応が変わり、心から子育てを楽しめるようになりました。

もちろん今でも辛いこと、困ることはありますが、

それすらも一つの経験として楽しめるこころの余裕が生まれたのです。

この感動を少しでも多くの方に届けたくて、このサロンを立ち上げました。

どうぞよろしくお願いいたします。